プロレスと都市伝説

新日本プロレスとWWEを中心に格闘技や音楽、ゲームなどてきとうにやってるブログ。あと都市伝説。

    aew
    現時点で次の契約の話がまとまってい中、2-4月には契約が終了予定。
    WWEと再契約の話ができていない事、本人軸のストーリーがうまく行ってない事。
    これらを考えると、退団の可能性も・・・。

    さてここから考察。

    1/8にSD LIVE収録で2ブロック先でAEW決起会があり
    いつも通り普通にSNSチェックインした事でファンが勘違いして退団話再燃。
    去年のサマースラムで新日本の発言だったり上層部は不快感を持ったことや
    中邑とジグラーが新日本に移籍する報道もあったりして・・・

    ・ナカメリカの不発とRR18以降ノンプッシュ
    ・ヒール転向でそぎ落とされたカリスマ性
    ・扱いにくい(マウスピースやスーツコスなど模索中)

    これらを考えると退団して他団体移籍の可能性が高いですが

    ・ロイヤルランブル優勝
    ・家族とともに移住(一説には家族が馴染めてないのが離脱理由とも)
    ・ビザ問題

    ロイヤルランブル優勝でWWE王者になれなかったのは遡っても
    レックス・ルーガー(1994年)以来の不名誉なレッテルが。
    裏を返したらロイヤルランブルを獲ったのだからいずれ王者になるのは確定的。

    続いて家族問題。家族が帰国したいというのであれば、家族を帰国させ
    本人が新しい契約で休暇期間などを設けて新しい契約を結ぶ事も可能。

    仮にAEWと契約を結ぶとしても新規のビザが必要。家族を巻き込んで一時帰国をして
    ビザの再発給まで待たないといけない。これが一番現実的ではない契約となる。

    新日本プロレス移籍に関しては十分に可能性がある。
    ただここで問題になるのが、WWEとの関係。
    WWEは新日本プロレスの映像権利を借りれるか本気で検討している。
    新日本プロレスもWWEを無駄に刺激せずにアメリカでの可能性を模索している段階。
    利害が一致すれば、2020東京ドームにWWEとの対抗戦を実現させる事も十分に可能。

    仮に中邑単独で引き抜くならばドルフ・ジグラー(現在ハウスショーで契約消化中)を筆頭に
    AJスタイルズ、カール・アンダーソン、ドグ・ギャローズらの参戦
    さらには、新日本プロレスがROHを切ってAEWと業務提携しないと2DAYSのドームは厳しい。

    何はともあれ、WWE SDはベビーフェース駒不足を考えると
    AJ不在の可能性もあるなか、ベビーフェースターンを春までにおこない
    サマースラムあたりでWWEヘビー級王者になる可能性も十分あるので残留濃厚。

    WWE残留・・・60%
    新日本プロレス移籍・・・30%
    AEW移籍・・・5%
    そして引退(別の活動)・・・5%
    というところだろうか。

    追伸.Blogを毎日書こうと思って年に数回・・・。

    1993年1月11日から放送開始のRAW。当時はMONDAY NIGHT RAWという番組名。
    01

    ボビー・ヒーナンが「今夜はRAWだぜ!?ニューヨークでライブなんだぜ!?」とアナウンサーと小競り合いからスタートする番組。ランディ・サベージとビンス・マクマホンにコメディアンのロブ・バートレットがMC。

    記念すべき最初の試合は、ココBウェア VS ヨコズナ。なかなか渋すぎてびっくりするカードが月曜のゴールデンタイムに流されたのか…と驚く。グレート・コキーナ改めヨコズナさん、塩はとりあえず客席にぶん投げて試合スタート。試合は塩。レッグドロップ(当時抗争相手のホーガン意識)からバンザイドロップ(コーナーからのヒップドロップ)でフォールをスコア。曙がムタにやったヒップドロップよりはちゃんとしている。

    試合開始まえは謎のセクシーギャルがラウンドガールのようにリングに登場して試合をプラカードでアナウンス。と思ったらボビー・ヒーナンがMrパーフェクトと抗争用のプロモ放送。「お前ナルシストすぎんだよ!」と。

    スタイナーブラザーズの登場。ここまで新日本プロレス色が凄まじい。対戦相手は謎の全身タイツマスクマン。試合中にドインクが客席でポップコーン食って暴れている…。雪崩式ブルドッキングヘッドロックであっさり勝利。ドインクはなにしてるんだ??

    ボビー・ヒーナン再び登場…。女装して会場に侵入を試みる…CM送り…。

    レイザー・ラモンがリングに登場しビンスからロイヤルランブルでのブレット・ハートとの世界王座戦についてのインタビューを受ける。ビンスに爪楊枝投げつけて颯爽と退場。

    タタンカがプロモに登場。そしてインターコンチネンタル王座戦。マックス・ムーンVSショーン・マイケルズ。テキサス時代の元タッグチーム、アメリカンフォース対決。当時の対戦相手チームに川田&冬木がいたりと凄い時代を経ての対戦。試合は当然売り出し中のショーン・マイケルズが勝利。余談だけどその後TWA(ショーンの団体)で王者になってブライアン・ダニエルソンを育てたりと後のWWEに貢献しているマックス・ムーン。

    ロイヤルランブルの番宣をオーカランドがおこなう。ショーンVSマーティ・ジャネティのタイトルマッチ用プロモ。このころのショーンは元相棒とよく戦っていたのか…。リック・フレアー、ボブ・バックランドを筆頭にロイヤルランブル出場選手のプロモ放送。そして天龍源一郎も参戦…。

    再び会場外でボビー・ヒーナンが来週のチケットを購入しようと割り込み。その辺にいたおじさまたちが笑顔でスキットを見つめる…。

    WWF SUPERSTARSからキマラの試合後キム・チーからのいじめらられ姿放映…。アフリカ軍団仲間割れ。会場に切り替わりジ・アンダーテイカーの試合。ポール・ベアラーかわいいと思ったらとっととツームストーンで試合終了。

    ビンスがドインクにインタビュー「子供びびらすんじゃねーよ」とビンス。その隙にクラッシュ登場。そして再びボビーのコント…なんなんだこのクソ番組…。

    今のような華やかな大会ではなく、WWEのPPVに向けた濃い宣伝番組。ここからエンターテイメント化が激しくなるのはWCWとのTV戦争ぐらいになるのだろうか?

    新日本プロレスワールドとWWEネットワーク。
    WWEはあまりにも膨大なコンテンツ量と、特別番組がひしめきあっていて驚かされるばかり。
    さてそこで比較してみよう。

    nettv


    ◆検索システム
    新日本プロレスワールドのが圧倒的に使いやすい。WWEネットワークの問題点としては我々日本人が必ずやってしまうスペルミス。これによって見たい試合がみつからない事も。
    しっかり検索するとSMWもあるのでクリス・ジェリコとランス・ストームの若手時代の試合もあったり。

    ◆試合数
    WWEネットワークはWWE以外にもECW、WCW、90年代までにあったプロレス団体の映像を持っているので圧倒的にすごい。ただ問題点もありレギュラー番組はリアルタイムではない。テレビの契約もあり3-4週間遅れ。これがPPV生中継とズレがあるので、新日本プロレスワールドみたいに全てがストーリー通り見れないのが残念。

    ◆オリジナルコンテンツ
    WWEはスタジオなど全てを完備しているから、しっかりとしたテレビ番組が作れるのだが、新日本プロレスはyoutuberかよと思うぐらいクオリティ低い素人参加番組を作り続けている。ここらへんが日本とアメリカの差なのか、団体規模の違いなのか、方向性の違いかわからないが差が大きすぎる点。

    ◆環境
    PlayStationや色々なデバイスで専用アプリを出しているWWEのが圧倒的に良い。ここは新日本プロレスも改善の余地があるから期待しても良いと考えれる。

    ◆今後の課題
    新日本プロレスもWWEも狙っているだろうと考えられるのは日本のプロレス団体映像権の購入。どっちが取るかわからないけどFMWやユニバーサル、UWFにWINGなど海外のスーパースターが実はこっそり参戦してる団体に面白があるかも。特に全日本プロレスの映像は両団体共に本当に欲しいコンテンツだと思う。

    プロレスだけを見るなら、やっぱり新日本プロレスが一番面白い。またストーリーラインの作り方も選手主導でやっているのが日本。アメリカはライターがいてって話で。ここらへんで新日本プロレスが本当はもっと上にいけるはずなのに、日本語という世界でも最も難しい言語を使っている事で伝わらないのが残念。

    どちらの有料コンテンツもほんとに楽しいので、両方加入が本当はおすすめでしたー。

    ブログ作って数年方向性が決まらなかったがやっと決まりました…。
    という事でプロレス系に振り切って後雑談なブログにする事に。

    過去記事みて何が好きとかてきとうに書いてると勝手に思っておいてスルー。
    さて、速報とかも何もないブログ、選手のおすすめやら見てきたものの感想だとか昔の事ぼやいたり
    よく行く音楽フェスにたまに現れる同世代のプロレスラーとかあったらここで色々書いとこう。

    中邑真輔が1軍本格デビューしてハウスショーで連戦中。
    そんなハウスショーの試合まるまる撮影(おいおい)してるのが出回っていた。



    ランディ・オートンと中邑真輔楽しそうにコーナーで会話してるね。
    試合内容は新日本と比べればすごくぬるい。けど安全でファンは馬鹿騒ぎ。
    最後のファンサービスとか日本であまり無いけど(棚橋はある)みんなちゃんとしてる。

    新日本とWWEのメジャー団体同士、リング内の事情がだいぶ違う。
    世界戦略に今の新日本そのままもってくのかな?

    このページのトップヘ